坐骨神経痛の治療|5つの方向性

まずは坐骨神経痛を自宅で和らげる事に専念する

坐骨神経痛が突然起こると、たいていの人はどうすればいいか分からず不安になってしまうでしょう。多くの場合、初日が痛みのピークでので、まずは安静にして痛みを和らげてからの治療という流れが基本です。

絶対安静

坐骨神経痛になってしまったら、まずは絶対安静です。坐骨神経痛になった直後は多くの人が、腰や足の動きを確かめようとして無理に動かしてしまい、かえって症状がさらに悪化してしまうというケースをよく見ます。

ですので、坐骨神経痛になったと思ったらすぐに横になって安静にしましょう。坐骨神経痛は基本的に初日に痛みのピークを迎えます。ですので、最初に辛抱しておけば楽になります。

アイシング

坐骨神経痛の多くは腰椎部分に疲労がたまり、炎症や捻挫を起こしているというケースです。そのためまずは、腕や足の捻挫の時と同じように筋肉を冷やしてあげましょう。

炎症が起きると患部が熱を持つので、外部から冷やして熱を逃がすのです。

患部の固定

坐骨神経痛は、痛みがひどい時には骨盤のズレなどが生じていうるケースも考えられます。そういった場合には、腰が抜けたような感じがして、少し腰を動かすだけで激痛が生じるため、横になるのも辛い状況になります。

腰のアイシングがある程度出来たら楽な姿勢をとり、固定するようにしましょう。

簡単なリハビリ

坐骨神経痛の痛みは初日をピークとし、徐々に回復していきますが油断は禁物です。症状の原因が骨盤のズレなどといった関節の調整が必要なものだった場合、専門家の施術が必要となります。

専門家の診察

痛みが収まって多少なら動けるようになったら、必ず専門家の診察を受けるようにしましょう。自分の腰の状態を確認し、関節の調整が必要な場合はその場でしてもらいましょう。

整体

坐骨神経痛の治療には、整体が用いられることもあります。整体によって関節の歪みを矯正することで、神経への圧迫を取り除き、痛みやしびれ、筋肉の緊張などを解消するのです。

あくまで緩和であって、骨格や関節の形態異常を解消するまでの効果はありませんが、痛みやしびれといった症状の緩和は、慢性期の坐骨神経痛の症状に対して極めて有効です。整体での治療は特に、同じ姿勢を続けたり体を動かしたりすると痛みが生じる坐骨神経つの症状に対して効果を発揮します。

しかし、整体を受ける際には評判などを前もって調べて、優れた整体院を探しておくことが必要です。整体士の資格は国家資格ではないため、整体院によってその効果はまちまちなのです。ですので、できるだけ優れた整体師さんのいる整体院を選ぶようにしましょう。

また、整体院を選ぶ際には、理学検査や神経学検査をしてくれるのかどうかもあわせて調べておきましょう。経験豊富な整体師なら、必ず整体の前に問診や検査を詳しく行い、個人個人の症状に合わせた治療を行ってくれます。

また、整体院によってはかなり強い刺激で整体を行うところもあるようですが、これに関しては強い刺激の方が高い効果が上がる、というようなことは一概には言えません。最近の整体に傾向では、少ない刺激で大きな効果をもたらすのがいいということにはなっています。

しかし、整体治療も決して万能ではなく、ときには逆に症状を悪化させてしまうこともあります。どんな姿勢でいても痛みがある場合、歩行が困難な状態にある場合などは整体は適していません。

病院での治療

坐骨神経痛、もしくはそれの疑いのある症状が生じた場合、病院で診断を受けることになります。しかし、いざ病院に行ってもどの科に行けばいいのかわからないという人も多いでしょう。そこでここでは、症状ごとの診療科をまとめてみました。

重いものを持ったこと、激しい運動をしたことなどが原因の場合

はっきりとした原因があるときには、骨折や脱臼の可能性もあります。この場合は整形外科に行きましょう。場合によっては救急の対処が必要となる場合もあります。最初は多少違和感があるという程度でも、後々悪化することがよくありますので、早めに診断を受けておきましょう。

重いものを持ったりしたあとから徐々に痛くなってきた場合

炎症性の捻挫の可能性があります。炎症が靭帯にまで及んでいた場合には、腰骨や骨盤の異常の可能性もあります。この場合には整形外科に行きましょう。

特に原因が思い当たらないのに痛みが生じた場合

感染症や内臓の異常の可能性があります。まず検査を行い、腫瘍・内臓異常・感染症などを除外する必要があります。神経症状がある場合には、脳疾患も考慮しなくてはいけません。

体を動かすと痛みがひどくなる場合

筋肉、骨格系の異常が疑われます。整形外科で診断を受けましょう。骨格や椎間板に異常が発見される可能性もあります。

ヘルペスウイルス感染症で水泡が出来た場合

感染症なので、内科で診断を受けましょう。

その他

状態や原因に心当たりのない場合には、病院でアドバイスを受けるようにしましょう。

薬物療法

坐骨神経痛の治療法にはさまざまな方法があります。薬物療法もその一つです。薬物療法は、主に坐骨神経痛の痛みを和らげることを目的として行われます。

また、長期間継続すると副作用の危険性があるので、医師は経過を見ながら薬物の使用を調整します。薬物療法に用いられる薬物は、以下のようなものです。

消炎鎮痛剤

いわゆる痛み止めのことです。効果には個人差が有り、医師が患者の状態を判断して処方します。強い痛みには効果がある反面、動くときだけ痛む程度の軽い症状に対しては効果は低くなります。副作用として、胃腸への負担、めまい、ふらつきなどがあります。

プロスタグランジン製剤

血管を拡張し、血液の凝固を抑制する効果があります。

ビタミンB12

副作用がなく、神経組織の障害の回復作用があります。しかし、現在の段階ではどの程度の効果があるかはっきりしていません。

外用薬

シップや塗り薬などのことです。シップには、患部を温める温シップと、患部を冷やす冷シップがあります。両者とも痛みを緩和の他、消炎鎮痛剤を皮膚から吸収させる効果があります。薬物療法の注意点としては、一部の薬物が持つ副作用が挙げられます。治療が長期にわたる場合、これらの副作用によって胃腸障害や心臓疾患が引き起こされるケースもあります。

また、坐骨神経痛に限らずどんな病気の薬物治療においても、勝手な判断で服用量を増やしたり減らしたりしてはいけません。副作用によって体調が崩れるようなことがあった場合には、早急に医師に相談しましょう。

漢方薬

坐骨神経痛の治療には、漢方薬が用いられる場合もあります。ここでは、坐骨神経痛の治療に用いられる主な漢方薬を見ていきましょう。

牛車腎気丸

主に、冷えやむくみに効果のある漢方薬です。特に、下半身の老化による機能低下に効果を発揮します。ほかにも、体内の水分の廻りをよくする効果もあります。副作用としては、吐き気、発疹が出る場合があります。

疎経活血湯

血行促進、体内の循環機能の調整といった効果があります。ほかには、疼痛の解消にも効果を発揮します。坐骨神経痛から筋肉痛まで、幅広く用いられています。

竜胆瀉肝湯

坐骨神経痛以外にも尿道炎や膀胱炎の治療にも用いられている漢方薬です。下半身、下腹部の強張りを解消する効果があります。

当帰芍薬散

体を温めるとともに、痛みを解消する効果があります。女性の生理痛のほか、打ち身や打撲にも効果を発揮します。血行促進、貧血の解消効果もあります。

桂枝茯苓丸

血行の改善、のぼせや冷え性を回復します。打ち身、打撲の回復にも効果があります。

芍薬甘草湯

筋肉の緊張状態を解消し、痛みを和らげる効果があります。急激な痛みやしびれが起こった際に痛み止めとして使用します。

これらの漢方薬は、ツムラ、カネボウ、コタローなどの様々なメーカーから発売されています。一般向けに販売されているものもありますので、手軽に手に入れることができるものもあります。

しかし、副作用の問題や自分の症状に合わせて選ばなくてはいけないという点には注意が必要です。ですので、きちんと専門知識を持った医師や薬剤師との相談の上で服用するようにしましょう。

手術

坐骨神経痛の症状が重い場合には、手術を行う場合もあります。しかし、坐骨神経痛は命に関わるような病気ではないので、いきなり手術が行われることはありません。

体への負担が大きいというのもその理由の一つです。坐骨神経痛の治療法の選択としては、まず最初に保存療法が行われ、それで十分な効果が見られない場合で、なおかつ日常生活に大きな支障が出ている場合に手術が検討されます。

それ以外には、高齢で筋肉の衰えが激しいとき、筋力の衰退によって歩行が困難な場合、坐骨神経痛の症状の進行から排泄が困難になっている場合などにも手術が選択されることがあります。以下に、代表的な手術をまとめてみました。

内視鏡手術

主に椎間板ヘルニアの治療目的で行われる手術です。小さな穴を開けて黄色靭帯を切除後、神経根への圧迫を取り除くという手法になっています。体にメスを入れる必要がないため、体への負担が少なくて済むのがメリットです。

椎弓切除術

腰部の狭窄を取り除くことを目的とした手術です。この手術は坐骨神経痛以外にも、神経の障害によって排泄が困難となっている場合、間欠跛行が顕著な場合、痛みが激しい場合、足を動かしたり力を入れることが難しい場合にも用いられます。

開窓術

重度の坐骨神経痛や腰部脊椎管狭窄症に対して行われる手術で、高度の技術を要し、あまり一般的なものではありません。

椎弓切除術が椎弓全体を削り取るのに対し、こちらの施術では坐骨神経痛などの症状を引き起こす神経を圧迫している部分のみを削り取り、それ以外のところをできるだけ残すという手法を用いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です